ギフト・ショー秋の出展を終えて

今回で3回目の出展


 
GreenTime担当の川野です。
 
GreenTimeは『第86回東京インターナショナルギフト・ショー秋2018』の出展で3回目の出展となりました。今回のギフト・ショーは展示場所が東館ではなく西館であったり、FASHION SELECT展示スペースのデザインが違ったり、前回、前々回とは異なる環境での挑戦でした。しかし、展示会中に思わぬことがありました。

台風21号の影響

今回のギフト・ショーの開催期間は9月4日から7日までの4日間で、会期初日に襲ったのが「台風21号」です。台風により関西地方から来られる企業様が来られなくなってしまったのは想像以上にダメージが大きく、東京でも強風が吹いており交通機関に乱れが発生した影響もあって、初日は名刺交換した企業が1社のみと残念な結果となってしまいました。
 
二日目もあまり多いとは言えず、3日目以降からやっと盛り返したと感じました。ビジネスガイド社の情報によると来場者の数は
 
3日目>4日目>2日目>1日目
 
とのことで最終日は会期時間が短い中でも急いでブースを見て回っている人が多かった印象があります。

感想


展示会中の風景です。
 
全体的に人入りが少なかった今回のギフト・ショーですが、それでもGreenTimeに足を運んでいただいた企業、バイヤーの方々には感謝します。ほとんどの人がGreenTimeの腕時計を高く評価していただき、今後の販路開拓の自信となりました。また、新しい販路拡大のための様々な情報も得ることが出来ました。
 
次回の出展は来年の2月と間が開きますが、その時には新製品や2019年版のカタログなど新しいものをお見せできると思いますのでご期待ください!

ギフト・ショー秋2018に出展!

3度目となる展示会の出展。

GreenTime担当の川野です。8月も終わりに近づき、2018年も終わるのも約4か月となっております。そんな中GreenTimeは3度目となる東京ビッグサイトで行われる
 


に出展します!
 
ギフト・ショーについてはこちら→http://www.giftshow.co.jp/tigs
 
その中でも特にファッションがメインとなる『FASHION SELECT』の出展となります!

FASHION SELECTについてはこちら→https://www.giftshow.co.jp/tigs/86tigs/fashion_select/index.htm
 

今回展示会の開催日程は?

今展示会からギフト・ショーは4日間の開催となり、9月4日から行われます。日程や時間は以下の通りになります。
 
9月4日~6日 10:00AM~6:00PM
9月7日     10:00AM~4:00PM

 
最終日のみ展示時間が短くなっておりますのでお気を付けください。

展示場所は?

前回ギフト・ショーでは東館での展示ですが今回は西館での展示となります。

ブース番号は『西1-FS-22』です。

展示会に向けて一言

まだまだ認知度が高くないGreenTimeですが、より様々な方へGreenTimeを知っていただき、1社でも取引していただける会社様を作れるように頑張ります。
 
開催まで約1週間ですが、引き続きGreenTimeをよろしくお願い致します。

ライフスタイル総合EXPO 2018夏に出展しました!

GreenTime2度目の出展~その記録~

GreenTime担当の川野です。
 
今年2月に開催されたギフト・ショーに続きGreenTimeはライフスタイル総合EXPO2018夏内第9回DESIGN TOKYO~国際デザイン製品展~に出展しました!
 

 
詳細はこちら→http://www.designtokyo.jp/HOME/

どんな展示会?

ライフスタイル総合EXPOの会場は東京ビッグサイトであり、主催はリードエグジビションジャパン株式会社です。雑貨や文具など数多くの展示会が同時開催されるため、日本国内では最大規模の展示会となります。
 
ライフスタイル総合EXPOについてはこちら→www.giftex.jp/summer/?_fsi=CIww1Dnf
 
DESIGN TOKYOは出展する際に事前の審査が必要で、その審査が通らなければ出展できない厳選された商品が並ぶ展示会です。展示会期間中に他企業ブースを見て回りましたが、デザイン大賞の商品やその他の商品も非常に見入るような商品ばかりであり、その中でGreenTimeが出展できたのは光栄と思うくらいレベルの高い展示会だと思いました。

開催期間は?

2018年7月4日(水)から6日(金)まで、開催時間は10:00~18:00(最終日は17:00まで)のスケジュールで開催されました。

展示場所は?


ブース番号【E28-2】で、通路の端側の位置でした。

前回展示会との違い

2月に出展したギフト・ショーとは違うと思った点がいくつかあったので述べたいと思います。

企業の熱

今回のDESIGN TOKYOでは扱いたい商品を探している企業のバイヤーの方々の”熱”が違うと思いました。前回展示会ではあまりなかった商品の撮影について聞かれることが多かったり、GreenTime腕時計を見る目なども違ったと思います。

海外の比率

前回のギフト・ショーは出展している海外の会社が多く見られましたが、今回は国内の会社の出展が多く、バイヤーはギフト・ショーでは国内の方が多く、DESIGN TOKYOでは海外の方が多い印象を受けました。主に韓国、中国、台湾のバイヤーが多かったと思いました。

反省とまとめ

反省点は準備に惜しいところがあり、一部備品にぬけがあったので次回展示会では忘れないようにしたいです。
 
展示会の内容としましては、DESIGN TOKYOでは以前から準備していた展示会用のディスプレイなどが完成して展示方法も前回よりオシャレになったと思います。特に中央にある展示台は人目に付きやすく、写真を撮られる方も多くいらっしゃいました。今回お手伝い頂いたコンパニオンの二人も非常に頼りになり簡単な説明なら自分なしでも対応できていたので心強いと思いました。自分としても熱意のあるバイヤーの方々とお話しできたので、今後の対応を考えながらGreenTimeの腕時計をもっと広めれればいいと思いました。

2月ギフト・ショーで体験したこと。

次回展示会に向けて

GreenTime担当の川野です。
 
前回では出展についてお話しさせていただきましたが、今回は私が実際に参加して感じた雰囲気とどのような体験をしたか、反省や次回に向けての意気込みも紹介します。

展示棚の様子


ADVENTUREシリーズの腕時計の展示風景。やはり、GreenTimeの中で最大のサイズのケースを持つこの腕時計は男性からの人気が高かったですね。
 

手前からAUTOMATICシリーズ、BASICシリーズ、VEGANシリーズと並んでいます。イタリアで人気の高かったBASICシリーズはこの展示会でも注目されていました。

提案風景


商品説明を行っている私です。この写真に写っている自分の横顔を見て改めて緊張していたと思います。このような展示会に行って自社商品の紹介をするような経験はここに来るまで一切なかったため、どのように説明をすればいいか手探りでお客様に商品を説明していました。
 

GreenTimeのカタログのデザインをして頂いた方にコンパニオンとしてもご協力して頂きました。
 
展示会中は、通りがかるバイヤーの方々にフライヤーを配っていました。しかし初日はこういった場や経験が無かったため声も出せていなかったですし、フライヤーもあまり配れませんでした。しかし、GreenTimeの腕時計を様々な方々に知ってもらいたいという強い思いから二日目からは積極的に声掛けをし、フライヤーもしっかり配れるようになりました。

まとめ

展示会全体を通しての感想ですが、商品については、デザイン性についての好評な意見が多く付近のブースの方々含めて海外の方からの印象もよかったです。販売予定はありませんが、同時に展示していたペンの人気が高かったのは驚きました。
 
接客については、初日こそ躓いてしまいましたが積極的に声掛けが出来るようになり、応対も自分なりですがうまくできたのではないかと思います。しかし、知識不足な点もあり答えられなかった質問もあったのでそういった面では悔しい点が残りました。
 
次回展示会では、商品を見てもらうだけでなく商談がメインの展示会となるので、よりバイヤーの方々に対しての応対が重要になると思います。初めての展示会でしたが良かった点や悪かった点を踏まえてより多くの企業や店舗に気に入ってもらえるように頑張りたいです。
 
次回展示会についてはこちら

2月ギフト・ショーに初出展!

GreenTime初出展の記録

GreenTime担当の川野です。
 
初出展ということでGreenTimeが初めて日の目を見た大きなイベントといえば
 
第85回トウキョウインターナショナルギフト・ショー
 
この【第85回東京インターナショナルギフト・ショー】ですね。
 

ギフト・ショーとは

ギフト・ショーは、(株)ビジネスガイド社が主催する商品展示会の一つで、東京、大阪、福岡など様々な場所で開催されています。その中でも日本最大級の展示会は東京インターナショナルギフト・ショーで、東京ビッグサイト全館を利用して行われました。
 
東京ビックサイト
 
私の人生で東京に来たことは2度しかなく、まさか仕事で来るとは思ってもみなかったですね…できればビッグサイトはできれば仕事以外で来たかったですね
 

どんなことをしたの?

GreenTime腕時計をアピールするために4日間の戦いを繰り広げました。展示会の期間は3日ですが、なぜ4日間?といいますと開催前日の準備があったからです。自分のブースは1区画でしたが、机を運んだり、POPを飾ったり、時計の配置確認をしたりと意外に体力を使いました。(机が不安定で重かったのでPOP飾る時も非常に苦戦しました)
 
ちなみに完成したのがこのコーナーです。
GreenTimeブース
 
自分で言うのもなんですがなかなかオシャレにできていると思いませんか?

展示場所では・・・

もちろん日本最大級の展示会なのでライバルはたくさんいました。(同じように腕時計を扱う会社やメーカー、普通の腕時計ではなく同じ”木製”腕時計を扱う雑貨屋さんなど)近くのブースにも木製腕時計を扱うブースがありました。しかし、それらに対してGreenTimeの腕時計はデザインや価格に関して全くひけをとっているとは思っていませんでした。
 
ただ、ブースの立地といいますか自分たちの区画は結構端の方だったので、そもそもバイヤーの方々がブースに来ていただけるかどうか不安でしたが・・・(大通りの区画は大手のメーカーや企業が基本獲得しているため)それはまた展示会内容として別に紹介させていただきます。次回をお楽しみに。
 

top