金属アレルギーの方へ

金属アレルギーの方で気を付けて欲しいこと

GreenTime担当の川野です。今回は金属アレルギーについて紹介します。現在アレルギーの方や、そうでない方も是非一読されることをお勧めします。

ステンレススティールとは


まずは、ステンレススティールとは何か一旦確認してみましょう。

ステンレスってどういう意味?

ステンレススティールはそれぞれ”ステン=錆(サビ)”と”レス=~しない”という意味で、”さびない鋼”ということになります。

何で出来ているの?

ステンレススティールは”鉄(Fe)”を主原料に”クロム(Cr)”や”ニッケル(Ni)”を合わせた合金です。

本当に錆びないの?

鉄と聞くと錆びるイメージがあると思いますが、クロムを混ぜることによって鉄の周りに酸素と結びついたクロムが”酸化被膜”という極薄状の膜をつくり、それがさびを防ぐ役割を果たします。ただし、特定の条件下によってはサビたりするので扱いには少し気を使う必要があります。
 
以上でステンレススティールについて簡単に説明しました。
 
木製腕時計と言っても全ての部品が木でできている訳ではなく、ムーブメントを除いて、バックル、リューズ、ケースなどに【ステンレススティール】が使用されているからです。使われている量が少量でも、アレルギー反応が出てしまう可能性があります。
ZW070A SPORT サンダルウッド 裏
例えばケースは木製でも裏蓋に使用されている場合もあります(ZW070シリーズなど)。
 
次にどのようにアレルギーが発生するのか説明します。

金属アレルギーとは

どうやって発生するの?

金属自体はアレルギーを発生する物質ではありません。金属が汗などで溶けて発生する金属イオンという分子が、人のタンパク質と合わさることで、アレルギーを発生させる”アレルゲン”という物質になります。これが原因で発生するアレルギーが金属アレルギーというわけです。
 

症状にはどんなものが?

腕時計で主に出る症状は、触れている場所が炎症を起こして赤くなったり、かゆくなったりする”接触皮膚炎”です。
 
または、歯の詰め物で使われている金属にアレルギーがあると、口の中から全身に症状がでる”全身性金属皮膚炎”などがあります。こちらは接触皮膚炎より重い症状が出やすいです。金属製品だけでなく、食品に含まれている微粒の金属成分でアレルギーが発生する場合もあるので注意が必要です。

アレルギーを起こしやすい金属

金属アレルギーの原因となる金属イオンが発生しやすい金属がアレルギーを起こしやすい金属と言えます。その中でもニッケル、コバルト、クロムが挙げられます。よってあまり言いたくないのですがステンレススティールは金属アレルギーを起こしやすい合金となります。(辛い)
 
一方で金・銀、最近ではインプラントで多用されるチタンや宝飾品に用いられるタンタルやジルコニウムはアレルギーを起こしにくい。これらの金属は金属として安定しており、金属イオンが発生しないからです。

まとめ

金属アレルギーで腕時計を諦めているお客様もいると思います。ただし、肌のみに少量接する程度なのであれば金属アレルギーは起こしにくいと言われています。金属をほとんど利用していないモデルもGreenTimeは用意しておりますので腕時計を身に着けたいお客様、ぜひ一度GreenTimeを手に取ってみませんか。

腕時計を脅かすものー磁気ー

意外と知らない危険なもの

GreenTime担当の川野です。この記事は腕時計を使用する上で特に気を付けなければならない『磁気』について紹介させていただきます。

磁気とは

磁気とは簡単に説明すると以下の図になります。
磁気の説明
 
磁気は様々な物から発しています。身近なものだと携帯電話やパソコンや電化製品、カバンの磁石の留め金など色々あります。なぜ磁気が腕時計にとって危険なのでしょうか。
 
GreenTime腕時計は主に【アナログクォーツ式】と【機械式】に分けられます。それぞれについて影響を受けてしまう部分やその被害について紹介します。

アナログクォーツ式の場合

アナログクォーツ式の時計を動かす部品として「ステップモーター」という小さい部品があります。さらにその中に永久磁石である「ローター」という部品があります。ローターはものすごく小さい磁石で、この部品を回転させることで歯車を動かしています。小さくても磁石なので外側から磁気を受けると、このローラーが正常に動かなくなったり止まったりします。
 
ステップモーター

機械式の場合

機械式は部品が金属でできているため、強い磁気を浴びてしまうと、金属部品が磁気を帯びてしまい機械式時計の心臓部である「てんぷ」に影響が出てしまいます。
てんぷ
 
てんぷは左右均等に動く振り子のような役割をもっているため、磁気によって精密な動きが悪くなってしまうと時間に狂いが生じたり、止まったりしてしまいます。磁気を帯びてしまった場合は「磁気抜き」という修理を行う必要があります。そのため、機械式はクォーツ式と比べて磁気の影響を強く受けやすいため、より気を付けていただく必要があります。

対策方法

一番簡単な対策方法は「磁気を発するものの近くに置かない」です。磁気は距離に反比例するため、電化製品などから少し離せば影響を少なくすることができます。5cm以上離せばほとんど磁気の影響は受けなくなります。10cm以上なら確実です。
 
5cmがどれくらいかと言えば、例えば腕時計をした手で携帯電話で電話したとしましょう。携帯電話で一番磁気を発しているのはスピーカー部分ですが電話している姿を想像してみて下さい。よほど変な持ち方をしたとしても、腕時計とスピーカーの距離は5cmは離れてると思います。
 
腕時計を普通に利用しているのであれば、磁気帯びのリスクは低いと言えます。腕時計が一番磁気を受けてしまう要素は「腕時計を外した際に置く場所」になるでしょう。携帯電話やテレビやパソコンの近くに置く、バッグの中のマグネット留め具の付近に入れる行為などが危険だと言えます。

まとめ

腕時計を使う上で思わないところで影響が出るのがこの「磁気」でしょう。しかし大きな影響を及ぼす磁気も、少しの意識でリスクを回避することができます。ずっと使って頂くために少しでもこの記事がみなさんのお役に立てればと思います。

top